ペルソナ5Rの真エンドはあるの?モヤモヤ…

以下の記事でははP5R全体のストーリーについてネタバレしてますのでご注意ください。

11/9にペルソナ5Rをやっとクリアしました!

  • ペルソナ5ロイヤルで追加されたノーマルエンド
  • 丸喜先生の世界を受け入れる丸喜エンド

両方観たのですが…

続けて観た感想としては、『丸喜エンドのほうが雰囲気よくね?』ということでした…

ノーマルエンド

丸喜先生を倒し、丸喜先生が歪めた認知世界が消えて元の世界に戻るエンド。

主人公の出頭を止めてくれた明智は居なくなるので、無印と同じく年末に主人公が警察に出頭することになります。その後はコープで絆を結んだ仲間たちが協力してくれ、主人公は拘置所から出られることに。この辺りは無印の流れと似ていますね。

3月になると3学期が終わり、主人公は地元に帰ることになりました。仲間達も大学へ進学したり、留学したり、引っ越したりとバラバラの人生を歩み始めることに。

無印と同じく仲間が車で見送りに来てくれますが、今回は仲間に自宅まで送ってもらうのではなくタクシー運転手となった丸喜先生が東京駅まで送ってくれます。仲間達とも東京駅でお別れ。

東京駅のホームではすみれとすれ違いますが、まるで初対面のような態度…

ホームに明智と同じ制服を着ている人物がチラっと映ります。(顔は隠れており明智なのかは分からない)

また、新幹線に乗り込んだ主人公は窓に映るジョーカーの幻覚を見ますが、メガネを外して窓に向かってキメ顔をしてEND.

スタッフロールではその後の人生を歩んでいる仲間達がアニメで映されます。

丸喜エンド

丸喜先生の認知世界を受け入れた場合のエンドです。

受け入れた直後2/3まで時間が進み、ルブランでいつものメンバーが談笑しているシーンになります。明智もすみれも居てみんなかなり仲がいい感じ。モルガナはイケメンの姿に戻っています。

その後は真と春の卒業式のシーンになり、みんなで写真を撮ることに。写真は正体を隠してしれっと歩いてきた丸喜先生が撮ってくれます。和気あいあいとした雰囲気でEND.

エンディングはレギュラーメンバーのその後が一枚絵で映されます。この絵がすごく綺麗でクオリティ高い。

最後はルブランでメンバーが楽しそうにしてる一枚絵が表示されて終わり。

丸喜エンドのほうが雰囲気良いのはなぜ…

どう考えても丸喜エンドのほうが雰囲気いいんですよ!

確かに丸喜の作った世界は悲しい事件が起こってないのでみんなニッコリなのは当然なのですが、丸喜エンドのほうが明らかに作り込みがいいと言う…

ノーマルエンドでも、真や春の卒業を祝うシーンがあっても良かったと思う。来年度はみんなバラバラになってしまうのだから、それこそ写真撮ろうよ。

だいたいね、ペルソナ4の時でもそうだったのだけど、基本的に

  • 辛いこともあったけれど真実を追求できてよかったっていうのがノーマルエンド
  • パット見では上手く収まったように見えるけどなんかモヤモヤするというのがアナザーエンド

であるべきだと思っているのです。

どっちかというと今回のエンディングってノーマルエンドのほうがモヤモヤするんですよね。

まずすみれの態度が素っ気なさ過ぎるというのが一番の問題だと思います。記憶喪失になってるんじゃないか?と思うくらい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA